里山暮らし備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜の畑は夜行性動物の世界

<<   作成日時 : 2016/05/31 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

野菜の作付け準備でトラクターで奇麗に耕耘して翌日畑に行くと幾つもの動物の足跡が残されています。
人間の生活空間で昼間は隠れていて夜に活動する多くの動物がいて、人間と共生していることを実感します。
野菜に被害を及ぼすものもいて、トウモロコシが毎年被害にあっています。
その足跡の特徴から犯人は特定することができますが中には特定できない足跡もあり興味津々です。
狸、野ウサギ、ハクビシンと言ったところが主だったところです。

狸は丸い足跡で短い間隔で特徴的です。糞をする場所が同じで跡を丁寧に土をかけていきます。



狸の足跡と糞の後始末

画像


ウサギの足跡で後ろ足が平行で前足が丸いのが特徴

画像


ウサギの足跡の横丸い大きな一直線の足跡が何者か判明しません

画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜の畑は夜行性動物の世界 里山暮らし備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる