里山暮らし備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の風物詩干し大根

<<   作成日時 : 2016/11/25 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年この季節には沢庵漬けを続けてきました。
今年は異常気象で野菜の生育にも様々な影響が表れています。通常の年だと約半月早く大根の収穫ができたところこの時期にずれ込んでしまいました。
太陽の光と北風にあたり、自然の恵みを受けて干し大根が仕上がります。
米糠、乾燥した果物の皮(ミカン、リンゴ、カキ)昆布、鷹の爪、塩、砂糖のぬか床に漬け込み約1か月で昔ながらの素朴な沢庵漬けができあがります。
味噌をはじめ沢庵、ぬか漬けといった発酵食品は先人の知恵で、毎日の生活に欠かせないものです。手間暇かけて健康食品にこだわっています。



大根の水洗い

画像


大根を藁で結束

画像


陽当り、風通しの良い干場

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の風物詩干し大根 里山暮らし備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる